賢く電話コスト削減!

法人電話の大幅コスト削減

携帯電話とは違う固定電話の魅力

固定電話の魅力 携帯電話は携帯することができ、いつでもどこでも電話の発着信が可能で大変便利だと思いますが、固定電話にも魅力があります。最大の魅力は震災時に強いという事です。
東日本大震災の時、家族の安否を確認したくても携帯電話だけではバッテリー切れや電波が届かなかったり、繋がりにくくなり連絡を取ることが困難になってしまったケースも多くあります。固定電話はNTT東日本やNTT西日本の電話基地局が無事なら通信することができます。万が一の備えとしてとても役に立つでしょう。
固定電話は高齢者にとって携帯電話より馴染みが深く、操作も単純で簡単で本体自体が大きいので通信手段としてとても重宝されます。携帯電話はフィーチャーフォンやスマートフォンは電話以外の活用も多く、操作方法を覚えることも時間がかかってしまうし、あちこちに携帯してしまうと紛失してしまう恐れもあります。
いつも同じ場所に設置された電話機能のみの電話の方が扱いやすいでしょう。固定電話は携帯電話と違い、料金が安いので様々なことを考えて、一家に一台あっても良いでしょう。

固定電話の基本料金を安くする方法

固定電話の基本料金を安くする方法 固定電話は、引いていてもほとんど使っていない、という方は結構多いのではないでしょうか?いろいろな緊急事態が発生したときのことを考えて、そのままにしているというケースもあるのではないかと推測します。固定電話は専ら、かかってくる電話に出るだけだから、せめて基本料金は安く済ませたいと思っている方には、いくつか方法があります。
かけるときは携帯で、固定電話はもしものときだけで、でも節約したいというのなら、請求書の送付を止めてしまうという手があります。わずかな金額かもしれませんが、これで月々110円の節約になります。しかし年間に直すと1320円の節約になりますから数年で結構な金額になると思います。
それから以前に付けたオプションがそのままになっていたりしませんか?携帯ではあたり前になっているナンバーディスプレイサービスなどは、固定電話ではオプション価格となっていますから、これを除外すると月に400円のカットが実現できます。年間4800円ですから大きいですね。また通話中に別の相手からかかってきたときに知らせてくれる、キャッチホンサービスも除外すると月に300円の節約となります。年間3600円です。
意外と知らないでそのままになっていることも多いサービスですから、必要がないという方は連絡してカットしましょう。こうやって見渡すと、いろいろなところからお金が出て行っていることが多いものです。


Copyright © 2017 賢く電話コスト削減! all rights reserved.